インタビュー、大会レポ、訪問記事

近年、eスポーツが徐々に注目されてきていますよね。

その理由のひとつは、なんといっても莫大な賞金額

人気のゲームや視聴者が多い海外の大会だと、優勝賞金はなんと億単位にもなります。

 

そんな気になるeスポーツの賞金について、2018年までの大会別、ゲームタイトル別のランキングをまとめました!
スポンサーリンク


【大会別】eスポーツ賞金ランキング2018!

 

では早速、2018年までに開催されたeスポーツの、大会別賞金ランキングを見てみましょう。

 

順位 大会名 開催地 ゲームタイトル (ハード) 優勝賞金 [円] 賞金総額 [円]
1位 The International 2017 アメリカ,シアトル DOTA 2 (PC) 約 11億9,000万 約 27億1,000万
2位 The International 2016 アメリカ,シアトル DOTA 2 (PC) 約 10億 約 22億8,000万
3位 The International 2015 アメリカ,シアトル DOTA 2 (PC) 約  7億2,000万 約 20億2,000万
4位 The International 2014 アメリカ,シアトル DOTA 2 (PC) 約  5億5,000万 約 12億
5位 League of Legends 2016

World Championship

アメリカ,ロサンゼルス League of Legends (PC) 約  2億2,000万 約  5億5,000万

※1$ = 110円として計算 100万円以下は切り捨て

 

1位の優勝賞金は、驚きの約12億円です。

また、1~4位を『DOTA 2』が独占しました。

このゲームの賞金が高額なのには理由があります。

 

DOTA 2では、ゲーム内で大会の観戦チケットを販売しており、その売り上げの一部を賞金額に上乗せしているのです。

大会の様子はネット上でも生配信されますが、観戦チケット(バトルパス)を購入すると様々なメリットが得られます。

 

例えば、

・ゲーム中のキャラクターの見た目(スキン)を変更できるようになる

・限定のモーションを入手できる

・大会の試合をゲーム内で観戦できる

などがあります。

 

「ゲーム内で試合を観戦できる」といわれてもピンと来ない人がいるかもしれません。

これは、サッカーで例えた場合、「TVで見る」のか「スタジアムで見る」のかの違いに近いです。

生配信では、盛り上がっている場所しか見ることができません。

しかしゲーム内観戦では、自分の見たい場所や、各プレイヤーがどのような操作をしたのか、といった細かい部分まで視聴できます。

 

また、大会自体にそこまで関心がない人も、限定スキンを手に入れるためにチケットを購入します。

このため、チケットが飛ぶように売れ、世界最高額の大会賞金となりました。

 

このように、eスポーツの賞金は、かなりの高額であることがわかります。

ネットやニュースでは、この賞金額ばかりが注目されているため、あたかも全額を独り占めできるかのように思ってしまいがちです。

しかし実際のところ、例え優勝しても、賞金を1人が受け取れるケースは多くありません。

 

というのも、『DOTA 2や『League of Legends』は、5 vs 5のチーム戦です。

そのため、最低でも5人で山分けする必要があります。

「最低でも」と書いたのは、実際にはもっと多くの人で分ける場合がほとんどだからです。

 

eスポーツは、名前のとおり「スポーツ」なので、ほかの種目と同じように、様々な役割を持った人がいます。

例えば、スタメンが体調不良の場合を考えて、当然「補欠」要員が必要です。

また、チーム全体をまとめたり、戦略を指示する「監督」や、メンバーのスキルを上達させるための「コーチ」がいるチームもあります。

大会で上位に入るチームほど、これらのメンバーが充実しているため、決して12億円を独り占めできるわけではないのです。

 

とはいえ、仮に10人のチームで均等に分けたとしても、1人1億円はもらえますので、夢のある話なのは間違いありませんよね。

スポンサーリンク



 

【ゲームタイトル別】eスポーツ賞金ランキング2018!

 

次に、2018年までに開催された大会の賞金額を、ゲームタイトル別に合計した累計賞金ランキングの紹介です。

 

順位 ゲームタイトル (ハード) 賞金累計額 [円] 参加プレイヤー累計数 [人] 開催大会累計数 [回]
1位 DOTA 2 (PC) 約 158億5,000万 2,581 959
2位 Counter-Strike: Global Offensive (PC) 約   64億8,000万 9,938 3,384
3位 League of Legends (PC) 約   59億4,000万 5,578 2,091
4位 StarCraft Ⅱ (PC) 約   29億9,000万 1,787 4,993
5位 Heroes of the Storm (PC) 約   15億8,000万 1,091 416

※1$ = 110円として計算 100万円以下は切り捨て

 

1位は言うまでもなくDOTA 2です。

先ほど紹介したチケットの売り上げを上乗せする方法もあって、開催した大会が少ないにもかかわらず、2位にダブルスコアをつけています。

 

3位の『League of Legends、5位の『Heroes of the Storm』と同じく、ジャンルはMOBA(Multiplayer online battle arena:マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)です。

MOBAは、高い戦略性と息のあったチームプレイが魅力のゲームで、プレイしても観戦しても飽きることがありません

 

5 vs 5のチーム戦ですが、選べるキャラクターが100体以上(『Heroes of the Storm』は80体)と多く、購入するアイテムやスキルのレベルを上げる順番など、知識と経験を要求されるジャンルです。

このため、始めるには多くのことを覚えなければなりません。

 

しかし、一度ハマると、何時間でもプレイできてしまうほどの魅力があります。

私もその1人で、『Heroes of Newerth』(累計賞金ランキング21位)というゲームを5年間ほぼ毎日プレイしていました。

そんなジャンルなだけに、大会も非常に人気で、高額賞金を狙う世界各国のプレイヤーが、熱い戦いを繰り広げています。

 

2位は、上位の中で唯一FPS(First Person shooter: 一人称視点シューティング)の『Counter-Strike: Global Offensiveです。

20年近く前にリリースされたCounter-Strikeシリーズは、単純なルールでプレイしやすいことなどから、長い間多くのプレイヤーに愛されてきました。

 

FPSはこれまで数多く作られたことから、最近では特殊な設定や複雑な操作が当たり前になっています。

そんな中、「テロリストチーム」と「対テロチーム」に分かれて拠点を攻防する『Counter-Strike: Global Offensiveは、見る側にとっても明快でわかりやすい作品です。

大会ごとの賞金額は高くないものの、開催回数が多いことで2位にランクインしました。

 

4位の『StarCraft Ⅱ』は、大会では比較的珍しいRTS(Real-time Strategy:非ターン制戦略ゲーム)です。

1 vs 1で、軍隊を作り、自分の陣地を守りながら相手を攻めます。

 

このゲームでは、いかに早く自分の軍隊を大きくするかがカギです。

ゲームの終盤では、お互いのプレイヤーが、それぞれびっくりするような数のユニットを同時に操作するため、激しい戦闘が繰り広げられます。

その激しさは、古いPCで見たときにフリーズを引き起こすこともあるほどです。

 

ランクインしたほかのゲームと違って1 vs 1のため、優勝賞金を独り占めできるのが特徴といえます(2017年の優勝賞金は約3,000万円)

 

eスポーツ賞金ランキングのまとめ

 

スポンサーリンク


eスポーツの賞金ランキングについて、いかがだったでしょうか?

誰でも気軽に始められるため、ライバルは非常に多いですが、高額の賞金はとても魅力的ですよね。

 

私はFPSが好きですが、AIM(命中率)が信じられないほど低いので、大会は夢のまた夢です。

MOBAだったら長くやっているし、少しなら可能性はあるかな?などと妄想しています。

・・・そのためには、プレイしてくれる仲間を探さないといけませんが。

 

これを読んで興味を持った人がいたら、ぜひ大会を目指してがんばってみてください!

スポンサーリンク



最新ニュース、記事の更新情報などLINE@限定のコンテンツを配布中! 今なら友達追加で「手堅く1日で3万円のお小遣いを手に入れる方法」をプレゼント♪ ゲーム代などに使って、eスポーツをより一層楽しみ、盛り上げていけると良いなとおもいます 友だち追加
おすすめの記事