インタビュー、大会レポ、訪問記事

「ゲームを普通に攻略するのは飽きた」という人がたどり着く1つの極地が、RTAです。

いかに速くクリアするかを争うこのジャンルは、見てるだけでもかなり面白いですよね!

 

そんなRTA初心者も楽しめるイベント「Summer Games Done Quick 2019」の配信について紹介

マリオやゼルダの高速プレイをお見逃しなく!

そもそもRTAってなに?

引用:https://www.pakutaso.com/

RTAとは、「リアルタイムアタック」の頭文字をとった、ゲームのプレイ方法です。

タイムアタックという名前の通り、「いかに速くクリアするか」を競います

 

高速クリアのためには、手段を選びません。

レギュレーション(ルール)によって異なりますが、ストーリーやアイテムはもちろん、場合によってはボスまで無視して、ひたすらゴールに突っ走ります

特に禁止されていない場合は、バグを味方につけることも。

 

基本的には実機を使ってプレイするのがルールであり、エミュレーターを使用したTAS(ツールアシストスピードラン)とは区別されています。

そのため、TASほどぶっとんだプレイはないものの、「理論上は誰でも再現可能」であることから、ついマネしたくなるのが特徴です。

 

また、ボスをハメ殺したり、裏技などで戦闘を避けたりすることなどから、難しいゲームを攻略するにあたって、参考にすることもできますね。

※あまり参考にしすぎると、ゲームの面白さを損なう場合があるので注意

【2019】RTA初心者にオススメのゲームがイベントで攻略配信中!マリオ、ゼルダ、ポケモンにカービィ、ダークソウルなど!

引用:https://gamesdonequick.com/

そんなRTAのプレイをリアルタイムで配信するイベント、「Summer Games Done Quick 2019」が開催中です。

このイベントは、2019年6月24日の深夜1時30から、30日の14時まで行っています(日本時間)。

 

実に1週間もの間、ぶっ続けでゲームを配信し続けるわけですね!

生放送なので、自分の見たいゲームをリアルタイムで視聴するのは難しいかもしれませんが、「ヒマだからなんか見たい」という場合にはうってつけです。

 

このイベントでは、130タイトルを超えるゲームで、様々なプレイヤーがRTAに挑戦。

海外のイベントであるため、プレイヤーや実況解説は英語ですが、有志による日本語解説バージョンもあるので安心です。

 

注意点として、「Summer Games Done Quick 2019」は「大会」ではなく「チャリティーイベント」であることを念頭においてください。

どういうことかというと、「コンマ1秒を争う」というスタンスではなく、ショーやデモンストレーションのように、和気あいあいと解説しながらプレイしてるんです。

そのため、「本気のRTA」を見たいと言う人には、物足りなく感じるかもしれません。

 

配信タイトルや放送予定時刻については、130作品を全部紹介するわけにいかないので、コチラのページを参考にしてください。

配信は、英語版で見たい方はコチラ、日本語版がいいと言う人はコチラをチェック!

個人的には、会場の盛り上がりなども感じられる英語版がオススメです。

 

上記のタイトル紹介ページには、簡単なレギュレーションも記載されています。

もっとも一般的な「Any%」が「何してもいいから最速クリア」で、「Glitchless」と表記されているものが「バグの使用禁止」と言う意味。

これを知っていると、ざっくり楽しめると思います。

 

速いものでは10分、長いもの(メインイベントの『クロノトリガー』)だと6時間かけてエンディングを目指すこのイベント。

張り付いて視聴するのはきついですが、時間つぶしにはもってこいですね!

 

このイベントでは、マリオやゼルダ、ポケモンやカービィ、ダークソウルなど、有名なゲームが高速で攻略されるのを見ることができます。

RTAは研究が必要なプレイ方法なので、全体的に古めのゲームが多いですが、見てると自分もやりたくなってしまいますよね。

ゲーム本来の楽しみ方ではありませんが、スパープレイやギャグみたいな攻略を知ることができるので、時間があるときにはぜひこまめにチェックしてみてください!

 

エンディングだぞ、泣けよ。

スポンサーリンク



最新ニュース、記事の更新情報などLINE@限定のコンテンツを配布中! 今なら友達追加で「手堅く1日で3万円のお小遣いを手に入れる方法」をプレゼント♪ ゲーム代などに使って、eスポーツをより一層楽しみ、盛り上げていけると良いなとおもいます 友だち追加
おすすめの記事