インタビュー、大会レポ、訪問記事

36人のプロゲーマーが1度に誕生するということで、eBASEBALLパワプロプロリーグを知った人も多いかと思います。

もちろん、パワプロファンで実際に参加したという人も大勢いるでしょう。

 

では、eBASEBALLパワプロプロリーグとはなんなのでしょうか?

開催日程や応募参加資格、賞金額について紹介します!

 
スポンサーリンク


eBASEBALLパワプロプロリーグとは?

引用:https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 

『eBASEBALLパワプロプロリーグ』とは、人気野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」で行われるリーグ戦です。

 

リーグ戦がいまいちよくわからない方もいるかもしれませんが、簡単に言うと、「スポーツで一般的な、総当り戦でチーム対抗の大会形式」と言ったところでしょうか。

野球の「セ・リーグ」や「パ・リーグ」、サッカーのJリーグなどがあります。

 

eBASEBALLパワプロプロリーグは、このプロ野球のリーグ戦をほぼそのまま、ゲームで行う大会です。

 

プロ野球では、球団が選手を指名する「ドラフト会議」なども見所のひとつですよね。

もちろん、このイベントも「eドラフト会議」として開催します。

 

実は、eスポーツでリーグ戦を取り入れている大会は多くありません。

そういった意味でも、eドラフト会議は非常に盛り上がるでしょう。

私も、今からとても楽しみにしています。

 

eBASEBALLパワプロプロリーグの賞金がスゴい!

引用:https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 

eBASEBALLパワプロプロリーグの目玉の一つは、なんといっても高額な賞金です。

 

プロ野球を模したシステムとはいえ、プロ選手の給料は年俸ではありません。

さすがに、主催者もまだそこまで冒険する勇気はなかったのでしょうか。

 

大きく分けると、試合出場費とプロモーション協力費が賞金になります。

 

出場費は1日1万円で、最大7日参戦するので合計7万円です。

...この段階では、正直そこまで大きな金額とはいえませんね。

 

一方、試合前後のインタビューや写真撮影、パワプロの関連イベントに出席することを条件に支払われるのが、プロモーション協力費です。

プロモーション協力費の金額は、大会の成績によって変わります。

 

仮に、パワプロの頂点を決める「e日本シリーズ」で勝利した場合、1人に支払われる賞金の合計額は177万円です。

(e日本シリーズで敗退した場合は1人70万円)

プロモーション協力費もそこそこの金額ですが、優勝賞金の107万円とあわせると、なかなかの高額といえますね。

 

それだけではありません。

大会の成績によって「個人タイトル」が授与され、それぞれにも賞金が発生。

もし、「e日本シリーズ優勝」、「最優秀選手」、「首位打者」、「本塁打」、「打点王」などのタイトルを1人が獲得した場合、賞金額の合計は272万円にも上ります。

 

正直野球はあまり詳しくないのですが、「首位打者」、「本塁打」、「打点王」は受賞者がかぶりそうな気がするのですが、そんなことないのでしょうか?

個人タイトルはこのほかにも、「最優秀防御率」や「最多奪三振」などがあります。

 

チームで優勝を、個人でタイトル受賞を目指すことで高額となるeBASEBALLパワプロプロリーグの賞金、各選手の活躍に期待です。

個人的には、オンライン予選で91位だった朔志選手がどこまで行くのか、非常に注目しています。

 
スポンサーリンク


eBASEBALLパワプロプロリーグ2018年の開催日程は?

引用:https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 

2018年8月26日に西日本、9月1日に東日本の選考会が終了し、9月4日には36人のプロパワプロプレイヤーが誕生する予定です。

1度の大会で36人ものプロが誕生するのは、日本では初めてといえます。

 

今後、毎年プロテストが開催されるでしょう。

今年のプロ選手を大事にするためにも、来年以降は人数が絞られるかもしれません。

私の予想では、少なくとも18人は新たにプロになれる可能性があると考えています。

 

そして9月29日、いよいよeドラフト会議が開催。

ここで、36人のプロ選手が、どの球団に所属するのか決まります。

 

各選手、希望の球団があるでしょう。

このため、ドラフト会議の緊張感は、eスポーツやパワプロファンにとって、実際のプロ野球並みのイベントになることは間違いありません。

 

11~12月にはeペナントレースが、12月末にeリーグ代表決定戦がそれぞれ開催されます。

そして1月には、パワプロの頂点を決める、e日本シリーズが行われます

 

こうしてみると、実際の野球そのもの、といったシステムですね。

パワプロはファンが多いだけに、このリーグを通じてさまざまな年齢層の人がeスポーツに興味を持ってくれることを願います。

 

というか、ここまで面白いイベントをやっているのだから、もっとテレビとかニュースで取り上げるべきだと思いませんか?

 

eBASEBALLパワプロプロリーグ2018の応募方法や参加資格

引用:https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 

■参加資格

・満15歳以上で、義務教育を終了していること(オンライン選考会だけなら条件を満たしていなくても参加可能)

・日本国内在住

 

■応募方法

PlayStation4、もしくはPlayStationVita専用ソフトである、「実況パワフルプロ野球 2018」あるいはダウンロード専用ソ

フト「実況パワフルプロ野球 チャンピオンシップ 2018」の「チャンピオンシップ」モードで開催された「プロテスト」イベントから応募可能

 

「プロテスト」イベントでは、何度でも試合をすることが可能。

試合の成績によって、SP(セレクションポイント)が加算されます。

SPは、自分のPR値や対戦相手のPR値との差、連勝ボーナスによって上昇し、もっとも高かった20試合の合計値が適用。

 

eBASEBALLパワプロプロリーグ2018には、高校生以上であれば誰でも参加することができました。

参加人数が多いため上位に入るのは大変ですが、「何試合でもできる」という点から、比較的時間に余裕のある若い人にもチャンスがありますね。

 

プロテストは西日本と東日本に分かれており、オンライン予選ではそれぞれ、上位96人ずつが選考会に進出できます。

選考会も西と東が別になっていて、グループリーグを勝ち進み、面接審査を通った各18名が晴れてプロ選手となります。

 

高校生から参加できるパワプロリーグ、夢がありますね。

ルールや条件もわかりやすいため、気軽にプロを目指せる環境といえます。

 

この勢いが、日本のeスポーツを盛り上げるきっかけになってくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



最新ニュース、記事の更新情報などLINE@限定のコンテンツを配布中! 今なら友達追加で「手堅く1日で3万円のお小遣いを手に入れる方法」をプレゼント♪ ゲーム代などに使って、eスポーツをより一層楽しみ、盛り上げていけると良いなとおもいます 友だち追加
おすすめの記事