インタビュー、大会レポ、訪問記事

海外では、ゲーム相手へ「スワッティング(Swatting)」という嫌がらせを起こすことがあります。

先日、この事件の首謀者や依頼者に有罪判決が下りました

 

日本で人気の『フォートナイト』においても、同様の事件が起きているので注意したいですよね。

この記事では、スワッティングの詳細や判決内容について紹介します!



ゲームの嫌がらせ、「スワッティング(Swatting)」ってなに?

引用:YouTube

「スワッティング(Swatting)」は、オンラインゲームをプレイした相手に対して行う嫌がらせです。

嫌がらせ、という表現を使われることが多いですが、被害の大きさや巻き込まれる人の多さなどから、「テロ」とも言われています

 

その方法は、「自分の気に入らない相手を警察などに通報する」というもの。

しかも、通報内容はかなり過激なもので、「立てこもり事件を起こしている」「銃で人を殺した」など、緊急性をあおります。

 

このため、例えばアメリカでは、特殊部隊であるスワット(SWAT)が出動する事態にまでなるのです。

「スワッティング」の語源は、このスワットからきているんですね。

 

ちなみに、通報内容によっては聞き取り調査等をせず、通報のあった住所にいきなり特殊部隊が踏み込む、あるいは機関によって射殺されるなどの対応がされてしまいます。

アメリカで起こったスワッティング事件で有罪判決!事件の概要は?

引用:https://edition.cnn.com/2019/09/14/us/swatting-sentence-casey-viner/index.html

スワッティングを依頼したケーシー

2017年12月28日、アメリカでスワッティングによる悲しい事件が起こりました。

通報を受けた警官隊に、全く無関係の第三者が射殺されてしまったのです。

いったい、何が起こったのでしょうか?

 

同日、当時17歳のケーシー・ヴィナーは、19歳のシェーン・ガスキルと、人気FPS『コールオブデューティー:ワールドウォーII』をプレイしていました。

しかし、ケーシーはシェーンにやられてしまいます。

 

これに腹を立てたケーシーが、シェーンの住所を聞き出し、スワッティングしたのです。

しかし、シェーンも素直には自分の住所を伝えず、自分が昔住んでいた住所を教えます。

ちなみに、このときシェーンは「やれるもんならやってみろ」といったニュアンスの挑発、あるいは煽りを行いました。

 

そしてケーシーは、「スワッティング請負人」をしていたタイラー・レイ・バリス(当時25歳)に仕事を依頼。

タイラーはこの住所を使い、「父親の頭を銃で撃ちぬいた。母親や兄弟を人質にとっている。」と虚偽の通報をしました。

また、通報の際にタイラーは、自殺を匂わせるとともに家に火をつける、と発言したようです。

 

通報を受けた警官隊は、全く無関係のアンドリュー・フィンチ(当時28歳)を射殺してしまいます。

 

この事件の被告人は3人です。

1人目は、実際にスワッティング(通報)を行ったタイラー。

 

彼は、「スワッティング請負人」として、50件以上もの事件に関わっていました

これらも含めて、2019年3月に懲役20年の有罪判決を受けています。

 

2人目の被告は、スワッティングを依頼したケーシー。

彼は事件直後、「俺は銃を撃ってない。だから、俺は誰も殺していない」といった内容をツイッターに投稿しました。

また、法廷でも「何かを起こそうとするつもりはなかった」と発言します。

 

これに対し裁判官は、「スワッティングすれば何が起こるかは簡単に予想できたはず。我々は何をするつもりだったのかではなく、何をしたかによって罪を判断する」として、2019年9月13日、ケーシーに懲役15ヶ月および罰金約27万円、そして釈放後の2年間を監督下に置かれることと、その間オンラインゲームのプレイを禁止するという判決を下しました。

 

ケーシーは今回の事件の共謀や、証拠の隠滅を図ったことなどが罪として認められています。

しかし、人を1人死に追いやっておいて、15ヶ月の懲役というのはいささか軽く感じてしまいますね...。

 

最後に、古い住所を伝えたシェーンも、被告人として取り上げられています

彼の場合、無関係の人が住む住所を教えたこと、さらに「やれるもんならやってみろ」的な煽りをしたことが、同じく共謀罪に問われました

 

ただし、彼は司法取引に応じたことなどから、起訴が見送られたとのことです。



『フォートナイト』でもスワッティング事件が発生!事件に巻き込まれないためには?

Kootra氏へのスワッティング生配信の動画 問答無用なのがよくわかる

これは、アメリカの事件ということで、我々はどこか対岸の火事のように思っているかもしれません。

しかし、日本で起こらないとも限らないのです。

 

例えば、日本人にも人気の『フォートナイト』では、2019年8月に、海外の人気配信者Bugha氏(大会優勝により3億円の賞金を獲得した経験あり)が、同じくスワッティングの被害にあいました。

有名人ということで、比較的簡単に住所が割れてしまったようです。

 

『フォートナイト』は協力プレイなどもあり、上手くサポートできないと言い合いやケンカになることもよくあります。

ちょっとした言い争いがエスカレートし、日本の警察に通報される、ということはありえない話ではないでしょう。

 

そこで、スワッティング事件に巻き込まれないために、どうすればいいのかを知っておく必要があります。

簡単なことですが、「住所や本名をさらさない」というのが1番ですね。

 

当たり前のことのように思えるかもしれませんが、何度か一緒にプレイして仲良くなってくると、つい言ってしまうこともあるかもしれません。

そして、その相手がある日豹変する、あるいは、誰かに情報を漏らしてしまう、という可能性は0ではないのです。

 

また、ツイッターなどに、個人情報を特定できる内容を載せないことも重要です。

あなたを恨む人が、ゲームのアカウント名などからそこにたどり着くこともありえます。

 

そして何より、過剰に煽らないことですね。

ケンカを売られると、つい買ってしまうこともありますが、「これはゲームなんだから」と我慢することも大事です。

もっとも、私も我慢できずに言い返してしまうこともあるんですけどね...。

 

このような事件によって、ゲームやeスポーツが規制されてしまうと悲しいことこの上ありません。

まずは、自分が巻き込まれないように自衛しつつ、このような事件がなくなることを祈ります。

スポンサーリンク



最新ニュース、記事の更新情報などLINE@限定のコンテンツを配布中! 今なら友達追加で「手堅く1日で3万円のお小遣いを手に入れる方法」をプレゼント♪ ゲーム代などに使って、eスポーツをより一層楽しみ、盛り上げていけると良いなとおもいます 友だち追加
おすすめの記事