インタビュー、大会レポ、訪問記事

最近では、テレビでeスポーツが頻繁に取り上げられるなど、盛り上がりを見せていますよね。

そこで気になるのが、「eスポーツに投資したら儲かるのでは?」ということです。

ゴールドマンサックスなどは外資系ということもあってか、eスポーツ関連の情報は昔から取り扱っていました。最近だと徐々にeスポーツでの広告も回し始めています。

出典:https://www.goldmansachs.com/japan/our-thinking/pages/e-sports/

 

この記事では、eスポーツ関連の株や投資銘柄を紹介したいと思います!

また、eスポーツに特化した投資信託などはあるのでしょうか?

※この記事は、紹介した株の購入を勧めるものではありません。

eスポーツの投資銘柄や関連株は?

カブ売り一筋60年、子供に株の厳しさ(?)を教えるカブリバばーさん

引用:YouTube

 

まずは、eスポーツ関連の株や投資銘柄について、代表的な企業を紹介いたします。

メジャーな会社を多めにピックアップしました!

任天堂

言わずとしれた「任天堂」。

『マリオシリーズ』をはじめとして、世界的に人気のゲームを多数販売しています。

 

株価としては、2018年1月をピークに、現在はやや低迷気味です。

また、株主優待制度はないため、「任天堂株を持っていればゲームを安く購入できる」というようなサービスはありません。

 

人気銘柄ということもあり、売買できるのは100株単位。

このため、「任天堂」の株主になるには、最低380万円の資金が必要です。

セガサミーホールディングス

「セガサターン」や「ドリームキャスト」など、コアなファンが多い「セガサミーホールディングス」も、最近がんばっています。

というのも、ぷよぷよがeスポーツタイトルとして認知されてきているほか、ゲームセンターもまだまだ人を集めているためです。

 

セガの人気キャラ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」も、12月に実写映画が放映予定。

(ただしデザインがクッソ不評)

 

任天堂と同じく100株単元での売買ですが、1株あたりの値段がそこまで高くないため、必要資金は14万円ほどです。

また、株主優待制度があり、セガゲームセンターのUFOキャッチャーやリゾートの施設利用券、宿泊券などをもらうことができます

テンセント

「テンセント」は、世界最大とも言われている中国のゲーム会社です。

様々な企業を買収しており、『フォートナイト』の「エピックゲームス」、『リーグオブレジェンズ』の「ライアットゲームズ」など、人気ゲームを手がけた企業を傘下においています

 

2018年に中国政府が新作ゲームをなかなか認可しなかったことで、株価は一時的に大暴落しました。

しかし、最近では認可の動きが進んでおり、株価も徐々に回復の兆しを見せています。

エヌヴィディア

「エヌヴィディア(NVIDIA)」は、アメリカの半導体メーカーです。

 

中でも、パソコンのGPUが有名で、多くのPCゲーム起動時にロゴを見ることができるほど。

個人的には、ロゴと同時に聞ける「エヌヴィディアァ...」という女性の囁きがものすごく好きです。

私だけかもしれませんが、「これからゲームするぞ!」って気分になるんですよね。

 

こちらも中国政府の対応に影響されてか、2018年度に1度株価が落ち込んでいますが、また徐々に上昇志向に入っている模様。

eスポーツの関連株に手を出す場合は、中国の動きに要注意すべきですね!

人口が桁外れに多いので、簡単に影響が出てしまうようです。

アクティビジョン・ブリザード

「アクティビジョン・ブリザード」は、アメリカのゲーム会社です。

『コールオブデューティーシリーズ』や『ディアブロシリーズ』、『オーバーウォッチ』に『ハースストーン』と、大人気タイトルを多数手がけています。

 

ただ、現在はピーク時の半額ほどの株価になってしまっていますね。

大人気である『ディアブロ』の新作が、スマホアプリとしてリリースされるというニュースに失望した人が多かったようです。(発表時にはブーイングすら出た模様)

本銘柄の株価が回復するには、まだ数年かかるかもしれませんね...。

eスポーツに特化した投資信託はあるの?

引用:楽天証券

結局どの銘柄を買えばいいかわからない、任天堂株は高すぎて手が出せない、などの場合には、投資信託を考えるのも手です。

※投資信託とは
大雑把に言うと、プロが代わりに株を売買してくれるシステム。投資信託ごとに方針を定めており、例えば「eスポーツの関連銘柄のみ売買する」というところなら、eスポーツ全体の成長に伴って利益を得ることができる可能性がある。ただし、運用報酬は儲かっていても損をしていても払わなければならないし、プロといえど必ず運用が成功するわけではないので利益が保障されているというわけではない。

ところで、そもそもeスポーツに特化した投資信託はあるのでしょうか?

調べたところ3つeスポーツに関連する投資信託が見つかりましたのでまとめておきます。

1.iFreeActive ゲーム&eスポーツ

「iFreeActive ゲーム&eスポーツ」は、上に挙げた「任天堂」や「テンセント」の株を代表銘柄として取り扱っています。

このため、小額で「任天堂」株の恩恵にあずかれることも。

 

楽天証券などで購入することが可能です。

パフォーマンスは+10%のときもあれば-20%のときもあるなど、変動はなかなか大きめ。

 

やはりというか、2018年の中国政府の動きによってパフォーマンスは下がってしまいました。

「eスポーツ全体の動きに追従する」という性質を考えれば仕方のないことかもしれませんね。

2.ETFファンド「GAMR」

こちらは「任天堂」のほか、『ファイナルファンタジーシリーズ』で知られる「スクウェア・エニックス・ホールディングス」や『レインボーシックスシージ』などを手がける「ユービーアイソフト」を組み入れています。

 

2019年に入ってからは、徐々に上昇志向に乗っている様子ですね。

ただし、海外ファンドのため、目標やニュースなどが大概英語で、読み解くのに一苦労が必要。

3.ETFファンド「ESPO」

コチラも海外ファンドの上、開設間もないため少し不安があります。

しかし、乗りに乗っているのか、最近は結構上がっている様子です。

この記事で紹介した銘柄のほかに、『バトルフィールドシリーズ』の「エレクトリックアーツ」なども組み込んでいるのが特徴。

 

今後の成長に期待したいですね!

スポンサーリンク



最新ニュース、記事の更新情報などLINE@限定のコンテンツを配布中! 今なら友達追加で「手堅く1日で3万円のお小遣いを手に入れる方法」をプレゼント♪ ゲーム代などに使って、eスポーツをより一層楽しみ、盛り上げていけると良いなとおもいます 友だち追加
おすすめの記事